中央のコンテンツブロックにスキップ


宜蘭県博物館ファミリーは宜蘭の自然、人・文化、産業の縮図です。まちづくりの取り組みが盛んな宜蘭では、2001年に地元の博物館が手を組み「宜蘭県博物館ファミリー協会(蘭博家族)」を結成しました。地方の博物館事業体が提携する組織の先駆けとなり、地方の博物館を「ファミリー」とする共同体構想が生まれています。さまざまな特徴を持つ施設の交流と学習の機会を提供し、宜蘭の多様な文化への入り口となっています。

蘭陽博物館の任務は幅広く、博物館として文化財の保存や研究、展示、教育を行うだけでなく宜蘭の博物館の発展を促す役割を担い、博物館政策を策定、文化施設の質と能力の向上に貢献しています。2018年に各施設のウェブサイトを統合し、滞在する、学ぶ、遊ぶをテーマに宜蘭の博物館のイニシアチブを提言、文化の質をより高め、コミュニティで認識を共有し、文化や知識、体験が楽しめる気風を対外的に発信しています。観光産業の商業化と競争が進む現代において、蘭博家族はより豊かな学習を提供する任務を担い、学校附属施設から自然博物館、歴史博物館、演劇博物館、レジャー農場、観光工場まで、キラ星のごとく蘭陽平野に広がっています。

素晴らしい所蔵品はいつも倉庫にあるとは限りません。実際の年中行事や生活、文化と結びつくことでよりよい保存ができるのです。つまり、宜蘭博物館ファミリーこそ、宜蘭の豊かな博物館の健全な姿が結実したものなのです。

さあ、一緒に博物館ファミリーに触れてみましょう!